【高卒】東京消防庁採用三類の教養試験対策!試験科目や勉強法を解説

東京消防庁消防官採用試験三類(高卒)の教養試験勉強法

この記事では、東京消防庁消防官採用試験三類(高卒)の教養試験の概要や出題科目、勉強方法まで網羅的に解説しています。

「何から勉強すればいいの?」「効率よく勉強したい」という方は、ぜひ参考にしてください。

目次

東京消防庁消防官採用試験三類(高卒)の教養試験とは?

教養試験とは、消防官(社会人)として必要な基礎学力や一般教養がどれくらい備わっているかを測る筆記試験のことです。

教養試験の概要

試験時間120分
問題数45問
レベル高校卒業程度
解答方法択一式(マークシート)
東京消防庁消防官採用試験三類 教養試験の概要(2023年度)

受験者の思考力や判断力を測る試験のため、速読・速答が求められれます。

単純計算すると、1問にかけられる時間は3分もありません。マークシートへの記入や見直しの時間も考えると、テンポよく解答していくことが必要です。

実際に、時間が足りずに問題を解ききれない人は少なくありません。本番での時間配分を考えながら事前に過去問題集で練習しておくなど、十分な対策を取りましょう。

教養試験の出題科目(範囲)

思考力・判断力を問う「一般知能科目」と、高校までに習った基礎学力を測る「一般知識科目」から出題されます。

一般知能数的推理方程式や図形の計算など、思考力や計算力を測る科目
判断推理文章や条件から確実に言える肢を探し出す科目。クイズのような問題が多い。
空間把握平面、立体図形に関する科目。空間認識力や図形の理解が問われる。
資料解釈グラフや表を読み取り正しい肢を選ぶ科目。正確な計算力や処理能力が問われる。
文章理解300~400字の現代文や英文を読み、趣旨や内容に合致するものを選ぶ科目。読解力や速読力が求められる。
一般知識社会科学中学〜高校で学んだ政治経済や倫理の理解力を測る科目。
人文科学中学〜高校で学んだ地理歴史や国語の理解力を測る科目。
自然科学中学〜高校で学んだ理科(物理、化学、生物、地学)の理解力を測る科目。
東京消防庁消防官採用試験三類 教養試験の出題科目

高校までに一度は勉強したことのある科目ばかりですが、それがすべて出てくるのが特徴的です。

闇雲に勉強するのではなく、出題傾向を踏まえた対策が必要不可欠といえるでしょう。

東京消防庁消防官採用試験三類(高卒) 教養試験の勉強法

結論からいうと、過去問から出題傾向を読み取り、過去問題集を中心に勉強するのがポイントです。

過去問から出題傾向を理解する

まずは過去問を見て、出題傾向を理解をしましょう。

そうしないと、どの科目・単元から手をつければいいか判断できないからです。

どの科目から勉強するか

たとえば過去問を3年分みると、判断推理は5〜6問出ていますが、生物などは1問ずつしか出題されていないことがわかります。

実施年202120222023
数的推理464
判断推理444
空間把握212
資料解釈444
文章理解658
政治222
経済111
社会222
日本史222
世界史222
地理222
国語333
英語220
思想000
数学333
物理222
化学222
生物222
東京消防庁消防官採用試験三類 教養試験の科目別出題数一覧
  • 上記の科目別出題数は僕自身の解釈であり、公式発表されたものではありません。

教養試験の科目数は多いですが、全科目から均等に出るわけではありません。どの科目で点を取り、どの科目は手を抜くのかを考えることが大事です。

江本

一般知能科目から着手するといいですね!

どの単元(分野)から勉強するか

また、過去にたくさん出ている単元(分野)から手をつけましょう。

たとえば、判断推理は次の12分野から構成されています。

分野主な項目
順序関係順序関係
対応関係二集合対応、多集合対応、組分け
集合ベン図、線分図
論理論理、三段論法、ド・モルガンの法則
位置関係直線、平面、空間、方向
試合試合数、トーナメント、リーグ戦
証言証言
暗号暗号問題
数量数量問題、貸し借り
日歴算日歴算
手順ルール、天秤
道順道順、順列
公務員試験 判断推理の出題範囲一覧

このうち、もっとも出題率の高い分野は「論理」です。とくに「三段論法」は、4年連続(過去10年で6回)出ており、今後も出題される可能性が高いと言えます。

東京消防庁三類 教養試験の出題範囲一覧(判断推理)
東京消防庁三類 教養試験の出題範囲一覧(判断推理)
  • 上記の科目別出題数は僕自身の解釈であり、公式発表されたものではありません。

どの科目も出題範囲は膨大ですが、全分野から出ているわけではありません。出ない分野をどれだけ勉強しても0点なので、科目ごとに、どの単元(分野)が重要なのか把握してから勉強しましょう。

このように、過去問から出題傾向を理解せずに勉強しても時間の無駄になりかねません。メンドーですが、まずは過去問分析から始めてみてくださいね。

過去問題集を中心に覚える

教養試験の勉強は、出題傾向に沿って、過去問題集を中心に覚えましょう。教養試験では、参考書類は基本不要(必要だとしても数的処理くらい)です。

「知識もないのに過去問?」と思うかもですが、過去問を解くのでなく、過去問を使い解けるための知識をインプットしていくのです。

具体的な進め方を言うと、選択肢ごとに見ていき、誤答を正しい文に修正しながら読み進めて(覚えて)いきます。

過去問題集(東京消防庁)
過去問ダイレクトナビ 日本史(実務教育出版)

このように進めることで、実際の試験では、どんな形で問われているのか、どこがひっかけ問題になりやすいのかが見えてきます。

正文化していく過程で知識も定着していくので、参考書をガチ読みするより何倍も進めやすいです。また、必要箇所がわかれば、参考書を読むときも、全部を読まなくていいので効率的

江本

スポーツと同じで練習(問題演習)を重ねないと上達できません!

復習に時間をかける

勉強において重要なのは先に進むことよりもどれだけ復習をしたかということです。

勉強できない人の多くは、先に進むことばかりに意識がいってしまい、復習をおろそかにする傾向があるので注意。復習しないと、知識は定着しにくいです。

復習するタイミングですが、僕は勉強した箇所は3日連続で見るというルールで覚えていきました。要するにその日に解いた問題は短いスパンで3回見るというものです。

1日目問題1〜10をやる
2日目問題1〜10を見直して、問題11〜20をやる
3日目問題1〜20を見直して、問題21〜30をやる…
復習スケジュールの例

とくに重要なのが翌日の復習。

勉強した次の日に復習しないだけで一気に知識の定着が悪くなります。記憶の法則で有名なエビングハウスの忘却曲線でも人間の記憶力は翌日にガタ落ちすることが立証されていますからね。

最初のうちはけっこうシンドイですが、1カ月ほど続けてみれば結果が見えてくるので、反復練習を意識して勉強していきましょう。

東京消防庁消防官採用試験三類(高卒) 教養試験の対策に関するFAQ

東京消防庁消防官採用試験三類(高卒)の教養試験対策でよくある質問を紹介します。

教養試験でおすすめの参考書・問題集は?

オープンセサミシリーズ(通称:セサミ)」と「畑中敦子シリーズ(通称:ワニ本)」です。

公務員予備校東京アカデミーが監修している”初心者〜中級者向け“の参考書です。

情報量が豊富でこれ1冊を覚えるだけでかなりの点数が取れます。

しかし、無駄な情報もそれなりに含まれているので出題範囲を絞って使いましょう。

編集:東京アカデミー
¥1,760 (2023/07/22 08:47時点 | Amazon調べ)

教養試験の過去問はどこで入手できますか?

東京消防庁消防官採用試験三類(高卒)の過去問は、東京消防庁採用サイトから最新年度の問題と解答をダウンロードできます。

下記記事でも問題・解答を紹介しているので、参考にしてください。

教養試験のボーダーラインは?

ボーダーラインは非公開です。

採用数や問題レベルによっても変動するため確かなことは言えませんが、合格者の情報提供や他サイトのデータから6割程度だと推測できます。

作文試験の結果もかなり重要視されるため、教養試験は安定して6割取れるようにしておきましょう。

東京消防庁消防官採用試験三類(高卒)の教養試験まとめ

今回は、東京消防庁消防官採用試験三類(高卒)の教養試験の概要勉強方法を解説しました。

教養試験は、高校までにきちんと勉強してきた人からすればそれほど難しいわけではありません。それなのに多くの受験者が悩んでいるのは、試験科目・範囲が膨大だからです。

教養試験を効率よく勉強するには、出題範囲の理解(=過去問分析)がとても重要です。必要な科目・分野に沿って勉強すれば、これまでよりずっとラクに合格点を超えるようになると僕は考えます。

合格点は6割程度です。そんなに高くありません。なので、闇雲に無駄な勉強をするのではなく、過去の出題傾向を軸に勉強してください。

まずは科目ごとの出題範囲を理解する。
そこから始めていきましょう!

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次