【高卒】東京消防庁採用試験三類の作文対策!出題テーマを紹介

東京消防庁消防官採用試験三類(高卒)の作文試験

この記事では、東京消防庁消防官採用試験三類(高卒)の作文テーマ(過去問)を紹介します。

文字数や配点など、作文対策に必要な情報も多く解説しているので、ぜひ参考にしてください。

目次

東京消防庁消防官採用試験三類(高卒)の作文テーマは?

東京消防庁消防官採用試験三類(高卒)の作文テーマを紹介します。

2023(令和5)年度の作文テーマ

あなたが東京消防庁を希望する理由と、どのように成長していきたいかを述べよ。

2022(令和4)年度の作文テーマ

東京消防庁の職員として、10年後のあなたがどんな成長を遂げているか述べなさい。

2021(令和3)年度の作文テーマ

自ら考えて行動するために日頃から行うべきことを具体的に述べなさい。

2020(令和2)年度の作文テーマ

あなたの経験から「失敗を糧にして成長できた」と考えられる事柄を挙げ、今後当庁で仕事をしていくうえでそれをどのように生かしていくのか、あなたの考えを具体的に述べなさい。

2019(令和元)年度の作文テーマ

都民に信頼されるためにあなたが消防官になって努力すべきことを具体的に述べなさい。

東京消防庁消防官採用試験三類(高卒) 作文対策に必要な情報まとめ

東京消防庁消防官採用試験三類(高卒)の作文対策に必要な試験情報を紹介します。

これからの作文対策で必要な情報ばかりなので、ぜひ参考にしてください。

作文の試験時間は?

作文の試験時間は90分(1時間330分)です。

制限時間内で文章を適切に構成し、要点を明確に伝えることが重要です。また、普段から時間配分を意識して書く練習をしてください。

作文の文字数制限は?

作文の文字数は800〜1200字です。

文字数は少なすぎると減点、もしくは採点されない場合もあるため注意してください。

知識や語彙が乏しいと多くの文字を書くのは難しいので、普段から語彙力も増やしておくといいでしょう。

作文は何文字くらい書けばいいですか?

作文は9割以上書きましょう。

文字数は誰が見ても一発でわかる評価基準なので、極端に文字数が少ないと減点もしくは採点不可の判定を受けることになるんですよね。

下限(800字)なので、下回らないように気をつけてください。

作文の配点は?

作文の配点は非公開です。

しかし、過去のデータから全体の2割〜3割を占めている可能性が高いです。事実、教養試験の点数が高い人よりも低い人の方が合格する逆転現象が頻繁に見受けられるんですよね。

このようにかなり重要だとわかるはずです。実際、教養試験の点数が低い方が合格していることからも作文の重要度は高いと言えるでしょう。

作文対策はいつから始めればいいでしょうか?

作文対策は試験日の3ヶ月前から始めましょう。

作文を正しく書けるようになるには、以下の知識を身につける必要があるからです。

  • 課題の把握力(読解力)
  • 文章構成力
  • 表現力
  • 語彙力
  • 漢字(日本語)の知識

これらの力は短期間で身につくものではありません。語彙力や漢字の知識くらいなら1ヶ月でも何とかなりますが、他の力を短期間で身につけるのは厳しいです。

①書き方を勉強する

②実際に書いてみる

③添削を受けて、弱点を知る

④何度か繰り返す(最低でも3回)

こういった順番で勉強することになるので、やはり最低でも3ヶ月は必要だと思って学習スケジュールを組んでみてください。

作文対策でオススメの参考書は?

よくわかる! 公務員試験(初級)のための論作文術』がオススメです。

模範解答をもとに良い例、悪い例を学べます。

最初は模範解答を参考にしながら「良い型」を身につけてください。

最終的には模範解答をそのままコピーするのではなく、自分なりの表現方法やアイデアを加えてオリジナリティを出せるようにしましょう。

編集:土屋書店編集部
¥1,430 (2023/01/04 14:51時点 | Amazon調べ)

作文で落ちる人の特徴は?

作文で落ちる人は、答案を書いたら書きっぱなしの人です。

作文試験で落ちる人ほど、書いたら書きっぱなしってことが多いんですよね…。

作文を書いて誰にも見せないというのは、問題を解いても答え合わせをしないのと同じことです。

正解不正解がわからないまま対策を続けても成績は伸びないので、書いた答案は必ず添削してもらいましょう。

学生なら学校の先生、社会人なら予備校やオンライン添削サービスなど、方法はたくさんありますよ。

以上、東京消防庁消防官採用試験三類(高卒)の作文についてでした。

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次