海上保安大学校 基礎能力試験の傾向と勉強方法

海上保安大学校 基礎能力試験対策

【2024年版】海上保安大学校の入試内容と対策完全ガイド」では、試験全体の内容や対策について広く解説しました。

本記事は、その中でも基礎能力試験に特化し、より深く掘り下げて解説します。

基礎能力試験の勉強方法や出題傾向を詳しく知りたい方にとって、合格に向けた準備を万全にすることができるでしょう。

ぜひ最後までお読みいただき、成功への一歩を踏み出してください。

目次

海上保安大学校 基礎能力試験の内容

【初任科】海上保安大学校 基礎能力試験の内容(2024年度)
試験時間110分
問題数30問
難易度大学卒業程度
出題形式五肢択一式(マークシート)
配点比率3/5
出題範囲一般知能
数的推理、判断推理、空間把握、資料解釈、文章理解

一般知識
社会・人文、自然科学に関する時事、情報

*2024年度から*情報科目(プログラミングなどの知識)が追加されます。
江本

時間配分が攻略の鍵となります!

海上保安大学校 基礎能力試験の科目

海上保安大学校 基礎能力試験の科目
一般知能数的処理数字や数式を使った計算や論理的な思考力を問う科目。数学的な問題解決能力が求められる。
文章理解300~400字の現代文や英文を読み、趣旨や内容に合致するものを選ぶ科目。読解力や速読力が求められる。
一般知識社会科学中学〜高校で学んだ政治経済や倫理の理解力を測る科目。
人文科学中学〜高校で学んだ地理歴史や国語の理解力を測る科目。
自然科学中学〜高校で学んだ数学、理科、*情報の理解力を測る科目。
  • 初任科は従来の一般知識からの出題ではなく、時事に関する問題となります。
  • 2024年度から*情報科目が追加されます(初任科・本科共通)。

海上保安大学校の基礎能力試験は、思考力・判断力を問う「一般知能科目」と、高校までに習った基礎学力を測る「一般知識科目」から出題されます。

数的処理

計算力や推理力を問う分野で、次の4科目から構成されます。

基礎能力試験 数的処理の出題範囲
数的推理数学的な問題解決力を問う問題。方程式、確率、統計などが含まれます。
判断推理論理的な思考力を問う問題。条件整理、論理パズル、順序問題などが出題されます。
空間把握図形の認識力を問う問題。立体図形や平面図形の問題が含まれます。
資料解釈データの読み取りや分析力を問う問題。グラフや表を使った問題が出題されます。

初めて見る科目ばかりだと思いますが、要は小・中学校で習った算数・数学のような科目です。

数学的要素が強いため、苦手とする受験者は多いです。しかし、出題数が一番多い分野なので苦手のままだと詰みます。

苦手意識が強い人は、簡単な参考書で解法パターンを把握することから始めましょう。基礎をしっかり固めることで、徐々に応用問題にも対応できるようになります。

文章理解

日本語と英語で書かれた300字〜400字程度の文章を読み解く力を測る分野で、以下の3科目から構成されます。

基礎能力試験 文章理解の出題範囲
現代文日本語の現代文を読み解く問題。
英文英語の文章を読み解く問題。
古文漢文古文や漢文を読み解く問題。

問題は、大きく「趣旨・内容把握」「文章整序」「空欄補充」の3タイプに分けられます。

文章の段落構成や論理の流れを把握したりして正解を出します。

時間をかければ正解できる問題は多いです。しかし、解くのに時間がかかるので、時間配分に気をつけてください。

社会科学

高校までの基礎学力(社会科目の知識力)を測る分野で、以下の4科目で構成されます。

基礎能力試験 社会科学の出題範囲
政治憲法や選挙制度、日本国内外の政治に関する問題。
経済経済理論や政策、消費者に関する問題。
社会社会構造や社会時事に関する問題。
倫理倫理学や道徳、哲学に関する問題。

憲法や選挙制度、日本国内外の政治経済、そして社会時事(話題になっている近年の社会問題)などです。

日頃から新聞やニュースなどで取り上げられる政治、経済、社会問題にアンテナを張っておけば、解ける問題も多くなります。

日常的に情報収集を心掛けましょう。

人文科学

高校までの基礎学力(歴史や語学の知識力)を測る分野で、以下の5科目で構成されています。

基礎能力試験 人文科学の出題範囲
日本史日本の歴史に関する問題。
世界史世界の歴史に関する問題。
地理地理的な知識や地形に関する問題。
国語日本語の文法、漢字、文学作品に関する問題。
英語英語の文法、語彙、読解に関する問題。

科目から想像できるように、The 暗記科目です。1科目あたりの出題範囲が膨大なので、ポイントを絞りつつ要点を整理して覚えることが大切。

出題数の多い国語は確実に正解できるようにしましょう。読解力や文法の基本をしっかりと身につけることが重要です。

他の科目は高校での選択科目を中心に勉強し、自分の得意な分野を活かして得点を稼ぎましょう。

自然科学

高校までの基礎学力(数学や理科の知識力)を測る分野で、以下の5科目で構成されています。

基礎能力試験 自然科学の出題範囲
数学数学的な計算力や問題解決能力を問う問題。
物理物理学の基本概念や原理に関する問題。
化学化学反応や物質の構造に関する問題。
生物生物学の基礎知識や生命現象に関する問題。
地学地球科学や天文学に関する問題。
情報情報科学やITに関する問題(2024年度から追加)。

理系科目がメインなので、捨て科目にする人は多いです。しかし、化学や生物、地学は暗記するだけでも点が取れる問題もあります。

これらの科目を完全に捨てるのではなく、暗記で対応できる部分だけでも点数を稼ぐことが重要です。

全部の科目を捨てて点数を下げるよりは、得意な分野や暗記で対処できる分野を活用して、少しでも得点を取るようにしましょう。

江本

このように、幅広い科目の知識が問われるため、多岐にわたる学習が必要となります。

海上保安大学校 基礎能力試験の過去問

海上保安大学校の過去問題は人事院の公式ホームページで公開されています。

人事院のホームページにアクセスし、「試験問題例」のセクションを探してください。そこから、過去問題をダウンロードすることができます。

本サイトでも、こちらの「【初任科・本科】海上保安大学校の過去問と効果的な活用方法」で3年分を掲載しています。

過去問だけでなく、過去問の活用方法も詳しく解説しているので、併せて確認してみてください。

海上保安大学校 基礎能力試験の傾向

海上保安大学校(初任科) 基礎能力試験の出題数一覧
科目202220232024
数的推理777
判断推理444
空間把握222
資料解釈332
現代文665
英文554
政治11
経済11
社会時事445
思想11
日本史11
世界史11
地理11
物理11
化学11
生物11
情報1
  • 各数字は科目ごとの出題数です。
  • 上記は僕自身の解釈であり、公式発表されたものではありません。
江本

1問1点です。問題の難易度による配点差などはありません!

海上保安大学校 基礎能力試験の勉強方法

基礎能力試験の勉強は、次の手順に沿って行います。

ステップ1:効果的な学習計画を立てる

基礎能力試験の勉強を始める前に、まずは具体的な学習計画を立てることが大切です。

試験日までの期間を逆算し、毎日の学習時間や学習内容をスケジュールに組み込みましょう。

例:週の学習スケジュール

  • 月曜日〜金曜日:毎日1〜2時間、一般知能科目と苦手科目を交互に学習
  • 土曜日:月〜金の復習と得意科目を解く
  • 日曜日:予備日(休日)月〜土でできなかったことがあれば行う
江本

定期的に休憩を取り、リフレッシュしましょう。

ステップ2:参考書や問題集を揃える

効率的な勉強には、質の高い参考書や問題集を使用することが重要です。

海上保安大学校の対策で、おすすめの参考書と問題集は次のとおり。

おすすめの参考書・問題集

畑中敦子シリーズ

理系科目が苦手な人は取り組む価値のある参考書です。数的推理や判断推理、資料解釈について最もスタンダードな問題からやや応用レベルの問題まで、段階的にマスターできるように構成しております。

数学が不得意な方でも、解法パターンやテクニックを覚えることで、得意分野にすることは十分可能がコンセプト。

初めは解説を読んで解法をマスターし、それから自力で解けるようになるまで、繰り返し、手を動かして問題を解いてみてください!

著:津田 秀樹, 監修:畑中 敦子
¥1,760 (2024/07/10 20:49時点 | Amazon調べ)

スーパー過去問ゼミ(スー過去)

公務員試験を受験する人なら誰でも知っているくらい有名な問題集です。僕も使っていました!

良問が多く、問題と解答が見開きになっている構成なので、とにかく勉強しやすいです。

畑中敦子シリーズで解き方を学んだら、あとは時間がある限りスー過去を回せばOK。

速攻の時事

最新年度の時事がまとまったテキストです。

時事系の問題6問出てくるため対策は必須。このテキストは社会・人文・自然科学ごとに時事テーマがまとまっているので、勉強しやすいです。

ステップ3:出題傾向を理解する

効率的な勉強をするためには、試験の出題傾向を理解しましょう。

そうしないと、どの科目から手をつければいいか判断できないからです。

過去の出題傾向

上記で紹介した出題数一覧を見ればわかりますが、全科目から均等に出るわけではありません。

まずは、出題数が多く、理解に時間がかかる数的推理や判断推理から勉強を始めることが重要です。

江本

その他の科目は、あなたの学力や得手不得手で優先順位を決めましょう!

ステップ4:出題頻度の高い分野から覚える

過去問題の分析結果をもとに、出題頻度の高い分野から優先的に勉強しましょう。

これにより、効率よく点数を稼ぐことができます。

優先的に勉強する分野

たとえば、日本史の出題範囲は次のようになっています。

海上保安大学校の出題範囲(日本史)
海上保安大学校の出題範囲(日本史)
  • 各数字は科目ごとの出題数です。
  • 本科のデータです。
  • 上記は僕自身の解釈であり、公式発表されたものではありません。

まずは、出題頻度の高い近世後半(明治時代になるあたり)から重点的に覚えるのが効果的です。出題頻度の低い分野の勉強に時間を割く必要はありません。

頻出度の高い分野をしっかりと抑えた後、その他の分野を補完的に学習することで、全体的な理解を深め、試験に万全の態勢で臨むことができます。

過去の出題範囲は、下記の記事でも詳しく解説しています。

ステップ5:模擬試験で総復習する

模擬試験を活用することで、総合的な実力を確認しましょう。

本番と同じ形式で模擬試験を受けることで、試験の流れや時間配分を体験できます。

模擬試験の活用方法

STEP
本番と同じ環境で実施する

模擬試験は、実際の試験と同じ条件(時間、形式)で行いましょう。

静かな場所で、試験時間内に問題を解くことで、本番の雰囲気を体感できます。

STEP
時間配分を練習する

模擬試験を通じて、どの問題にどれだけの時間をかけるかを練習します。

特に一般知能分野に時間をかけすぎないように注意し、全体のバランスを意識しましょう。

STEP
自己採点と復習

模擬試験の結果を自己採点し、間違えた問題や時間が足りなかった問題を分析します。

「なぜ間違えたのか」、「どの知識があれば正解できたのか」などの原因を把握し、必ず復習することが重要です。

江本

公務員試験の模試は各種予備校(LECやTAC、東京アカデミーなど)が開催しています!

海上保安大学校 基礎能力試験に関するFAQ

海上保安大学校の基礎能力試験対策に関する、よくある質問(FAQ)を紹介します。

基礎能力試験の難易度はどれくらいですか?

基礎能力試験の難易度は高校入試〜大学共通入試レベルです。

問題は幅広い分野から出題されますが、しっかりとした学習計画を立てて勉強すれば十分に対応可能です。

数的推理や判断推理、文章理解から勉強を始めましょう。

基礎能力試験の勉強時間はどれくらい必要ですか?

基礎能力試験の勉強時間は400時間〜500時間ほど必要です。

合格に必要な勉強時間は個人の基礎学力や理解度によって異なりますが、毎日1〜2時間の学習を3ヶ月から6ヶ月続けることで達成できます。

計画的に学習時間を確保し、過去問題や模擬試験を活用して実力をつけていくことが重要です。

基礎能力試験のボーダーラインは何点くらいですか?

海上保安大学校のボーダーは6割程度平均点は5割程度です。

年度や試験の難易度によって若干の変動があります。確実に合格するためには、安定して6割以上の得点を取れるように準備を進めましょう。

海上保安大学校 基礎能力試験の勉強方法まとめ

今回は、海上保安大学校の基礎能力試験の概要や勉強方法を解説しました。

基礎能力試験は、高校までにきちんと勉強してきた人からすればそれほど難しいわけではありません。

それなのに多くの受験者が悩んでいるのは、試験科目・範囲が膨大だからです。

基礎能力試験を効率よく勉強するには、出題範囲の理解(=過去問分析)がとても重要になります。

過去の出題範囲は、下記の記事でも詳しく解説しています。

闇雲に無駄な勉強をするのではなく、過去の出題傾向を軸に勉強しましょう。

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

試験の内容や対策についてさらに詳しい情報が必要な場合は、こちらの『【2024年版】海上保安大学校の入試内容と対策完全ガイド』を参考にしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次